古語:

しらたまかの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > しらたまかの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

しらたまか…

分類和歌


「白玉か何ぞと人の問ひしとき露と答へてけなましものを」


出典新古今集 哀傷・在原業平(ありはらのなりひら)・伊勢物語六


[訳]


「白玉かしら、何かしら」


とあの人が尋ねたとき、「露」と答えて、そのまま消えてしまえばよかったのに。


鑑賞

『伊勢物語』では、結句が「消えなましものを」。ある男が、女を盗み出して芥(あくた)川という川まで来たとき、女は草の上に置く露を見て「あれは何?」と尋ねたけれど、答えずに荒れはてた倉に女を押し入れ、自分は戸口で守っていた。ところが夜が明けてみると女は鬼に食われてしまっていた。その時男が詠んだ歌という。「なまし」は完了の助動詞「ぬ」の未然形+反実仮想の助動詞「まし」の連体形。「露」「消え」は縁語。








しらたまかのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

しらたまかのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




しらたまかのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS