古語:

つきやあらぬの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > つきやあらぬの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

つきやあらぬ…

分類和歌


「月やあらぬ春や昔の春ならぬわが身一つはもとの身にして」


出典古今集 恋五・在原業平(ありはらのなりひら)


[訳] 月は昔のままの月ではないのか。春は昔のままの春ではないのか。月も春もすべてが違ってしまったように感じられるが、わが身だけは昔どおりのわが身であって。


鑑賞

恋人を失った男が、去年の春にその恋人とともに過ごした、もう住む人のいない家を訪れて詠んだ歌であるが、解釈には諸説がある。『伊勢(いせ)物語』第四段にも載っている。「あらぬ」「ならぬ」の「ぬ」は、いずれも係助詞「や」の結びで、打消の助動詞「ず」の連体形である。








つきやあらぬのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

つきやあらぬのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




つきやあらぬのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS