古語:

つきやあられの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > つきやあられの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

つきやあられ…

分類俳句


「月や霰(あられ)その夜のふけて川千鳥」


出典新雑談集 俳文・上田秋成(あきなり)


[訳] 晴れて月が出ていたかと思うと、にわかに曇って霰が降ってくる。そんな天候の定まらなかった夜も更けて、今は川千鳥の鳴き声が聞こえるばかりだ。


鑑賞

冬の天候の複雑な変化と、時間の経過を巧みに詠み込んだ句。冬の夜の気分がよく出ている。季語は「霰・千鳥」で、季は冬。








つきやあられのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

つきやあられのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




つきやあられのページの著作権
古語辞典 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2022 Printed in Japan

©2022 GRAS Group, Inc.RSS