古語:

つくづくとの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > つくづくとの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

つく-づく(と)

副詞

しみじみ(と)。しんみり(と)。▽思いにふけるさま。


出典徒然草 七


「つくづくと一年(ひととせ)を暮らすほどだにも、こよなうのどけしや」


[訳] しみじみと一年を暮らすだけでも、この上なくゆったりとしている(ものである)よ。


ぽつねん(と)。ぼんやり(と)。▽手持ちぶさたなさま。


出典更級日記 大納言殿の姫君


「姉なる人、つくづくと空をながめて」


[訳] 姉である人は、ぽつねんと空をながめて。


よくよく。じっくり。▽考えなどを集中させるようす。


出典平家物語 六・小督


「仲国(なかくに)、つくづくと案ずるに」


[訳] 仲国は、よくよく考えてみると。









つくづくとのページへのリンク
「つくづくと」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

つくづくとのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




つくづくとのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS