古語:

のどかなりの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > のどかなりの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

のど-か・なり 【長閑なり】

形容動詞ナリ活用

活用{なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ}


穏やかだ。うららかだ。▽天候などに用いる。


出典枕草子 三月三日は


「三月三日は、うらうらとのどかに照りたる」


[訳] 三月三日(の節句)は、うららかに穏やかに日が照っているの(がよい)。


のんびりしている。ゆったりしている。


出典徒然草 一八八


「世をのどかに思ひてうち怠りつつ」


[訳] 一生をのんびりと考えてつい怠けては。


落ち着いている。平気だ。


出典源氏物語 薄雲


「その年、おほかた世の中騒がしくて、公ざまにももののさとししげく、のどかならで」


[訳] その年、いったいに世の中が騒がしくて、朝廷関係のことで何かの前兆がしきりに起こって、落ち着かなくて。









のどかなりのページへのリンク
「のどかなり」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

のどかなりのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




のどかなりのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS