古語:

まはぎちるの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > まはぎちるの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

まはぎちる…

分類和歌


「真萩(まはぎ)散る庭の秋風身にしみて夕日のかげぞ壁に消えゆく」


出典風雅集 秋上・永福門院(えいふくもんゐん)


[訳] 萩の花の散る庭を吹く秋風が、身にしみるように感じられ、夕日の光がしだいに薄れてゆき、壁に吸い込まれるように消えてゆく。


鑑賞

秋の夕べの残照が歌の中心。下の句は夕陽の残映のうつろいを追い、光が壁に吸い込まれるように消えてゆく瞬間を、鋭い感覚でとらえている。永福門院もその一人である京極派歌人には、こうした光線の動きをとらえた作品が多く、この派の特色にもなっている。








まはぎちるのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

まはぎちるのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




まはぎちるのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS