古語:

まつよひにの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > まつよひにの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

まつよひに…

分類和歌


「待つ宵に更けゆく鐘の声聞けば飽(あ)かぬ別れの鳥はものかは」


出典新古今集 恋三・小侍従(こじじゆう)


[訳] 来るあてのないあの人の訪れを待っている夜に、(来ないまま)夜更けを告げる鐘の音を聞くと、十分満足せずに後朝(きぬぎぬ)の別れを促す鶏の声を聞くつらさなんかものの数ではない。


鑑賞

『平家物語』(巻五・月見)には、作者が御所で「待宵(まつよひ)」と「帰る朝(あした)」の優劣を問われたときに答えた歌で、この歌によって「待つ宵の小侍従」の名を得たと伝える。後朝の別れのつらさより、来ぬ人を待つ宵のほうがはるかにつらく哀れであるという作者の心情が直接伝わってくる。









まつよひにのページへのリンク
「まつよひに」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

まつよひにのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




まつよひにのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS