古語:

むすぶてのの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > むすぶてのの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

むすぶての…

分類和歌


「むすぶ手の雫(しづく)に濁る山の井の飽かでも人に別れぬるかな」


出典古今集 離別・紀貫之(きのつらゆき)


[訳] すくう手から落ちる雫のために濁ってしまう山の湧(わ)き水は、満足するまで飲めず物足りない。そのように満ち足りずにあなたと別れてしまったよ。


鑑賞

旅先の行きずりの人を名残惜しく思う淡い感情が素直に表現されている。「むすぶ手の…山の井の」は、眼前のようすを描写するとともに、「あかでも」を導く序詞(じよことば)となっている。









むすぶてののページへのリンク
「むすぶての」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

むすぶてののお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




むすぶてののページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS