古語:

別るの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

わか・る 【別る・分かる】

自動詞ラ行下二段活用

活用{れ/れ/る/るる/るれ/れよ}


別々になる。分かれる。


出典万葉集 三一七


「天地(あめつち)のわかれし時ゆ」


[訳] ⇒あめつちの…。


別れる。離別する。


出典古今集 離別


「むすぶ手の雫(しづく)に濁る山の井の飽かでも人にわかれぬるかな」


[訳] ⇒むすぶての…。


区別がつく。相違がはっきりする。


出典源氏物語 帚木


「中の品になむ、人の心々、おのがじしの立てたる趣も見えて、わかるべきこと、かたがたに多かるべき」


[訳] 中流階級(の女性の場合)にこそ、それぞれの心や、おのおのが考えている主義・主張も現れて、(優劣の)相違がはっきりするだろうことが、さまざまに多いにちがいない。



あか・る 【離る・別る】

自動詞ラ行下二段活用

活用{れ/れ/る/るる/るれ/れよ}


散り散りになる。別々になる。


出典源氏物語 空蟬


「うちそよめく心地して、人々あかるるけはひなどすなり」


[訳] ざわざわと衣(きぬ)ずれの音をさせる感じがして、人々が別れていく気配などがするようだ。


参考

「あかる」と「わかる」の違い 「あかる」は「つどふ」の反対語で、多くの人々が集まった場所から離れて別れていく意味を表し、主語が複数の場合に使われている。それに対して「わかる」は、「あふ」の反対語で、一つのものが別々になる意味が原義であり、単数の主語にも使われる。









別るのページへのリンク
「別る」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

別るのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




別るのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS