古語:

めりの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

めり

助動詞ラ変型

《接続》動詞および動詞型活用語の終止形に付く。ただし、動詞ラ行変格や、ラ行変格型に活用する語には連体形に付く。


〔推定〕…のように見える。…と見える。…のように思われる。▽視覚に基づいて推定する。


出典源氏物語 若紫


「簾(すだれ)少し上げて、花奉るめり」


[訳] (尼君は)すだれを少し上げて、(仏に)花をお供えしているように見える。


〔婉曲(えんきよく)〕…ようである。


出典徒然草 一九


「『もののあはれは秋こそまされ』と人ごとに言ふめれど」


[訳] 「しみじみとした趣は秋がすぐれている」とだれもが言うようだけれど。


語法

(1)ラ変型活用語の接続「めり」の上の「-る」の音が撥(はつ)音便化(=「ン」の音に変わること)したが、撥音が表記されない形である。(2)「なり」との違い⇒なり



めり

推定の助動詞「めり」の連用形。









めりのページへのリンク
「めり」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

めりのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




めりのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS