古語:

且つ且つの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

かつ-がつ 【且つ且つ】

副詞

ともかく。何はともあれ。不満足ながら。


出典源氏物語 明石


「思ふことかつがつかなひぬる心地して、涼しう思ひゐたるに」


[訳] (明石入道(あかしのにゆうどう)は)念願がともかくかなった気持ちになって、すがすがしい思いでいたところ。


とりあえず。


出典大鏡 花山


「かつがつ式神(しきがみ)一人、内裏(だいり)へ参れ」


[訳] とりあえず式神一人、宮中へ参内せよ。


早くも。真っ先に。


出典平家物語 七・返牒


「わが山の衆徒(しゆと)、かつがつ以(もつ)て承悦(しようえつ)す」


[訳] (源氏が優勢なので)わが(比叡(ひえい))山の僧侶(そうりよ)たちは、早くも喜んでいる。








且つ且つのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

且つ且つのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




且つ且つのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS