古語:

世間の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

せ-けん 【世間】

名詞

俗世。俗人。生き物の住むところ。


出典今昔物語集 五・一二


「生死(しやうじ)の無常を観じ、せけんの受楽(じゆらく)を厭(いと)ひて出家したまふなり」


[訳] 生まれ死ぬという世の無常を悟り、俗世の享楽を嫌って出家なさるのだ。◇仏教語。


世の中。この世。世の中の人々。


出典徒然草 一八八


「せけんの人、なべてこのことあり」


[訳] 世の中の人には、一般的にこのようなことがある。


あたり一面。外界。


出典大鏡 道長下


「にはかに霧立ち、せけんもかい暗がりて侍(はべ)りしに」


[訳] 急に霧が立ちこめ、あたり一面も真っ暗になっておりましたので。


暮らし向き。財産。


出典沙石集 九


「かの地頭(ぢとう)、せけんも衰へ、つひにみまかりぬ」


[訳] その地頭は、暮らし向きも悪くなっていって、とうとう亡くなってしまった。









世間のページへのリンク
「世間」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

世間のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




世間のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS