古語:

丸むの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

まろ・む 【丸む・円む】

[一]自動詞マ行四段活用

活用{ま/み/む/む/め/め}


丸くなる。


出典栄花物語 若生え


「袖口(そでぐち)はまろみ出(い)でたる」


[訳] 袖口が丸くなって出ている。


[二]他動詞マ行下二段活用

活用{め/め/む/むる/むれ/めよ}


丸くする。丸める。


出典紫式部日記 寛弘五・一一・二二


「筥(はこ)の蓋(ふた)に広げて、日蔭(ひかげ)をまろめて」


[訳] 箱のふたに(扇を)広げて、ひかげのかずらを丸めて(載せ)。


こねて固める。それで全体を固める。


出典平家物語 四・競


「たとひ黄金(こがね)をまろめたる馬なりとも」


[訳] たとえ黄金をこねて固めた馬であっても。








丸むのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

丸むのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




丸むのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS