古語:

互にの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

かたみ-に 【互に】

副詞

互いに。かわるがわる。


出典枕草子 鳥は


「かたみにゐかはりて、羽の上の霜払ふらむほどなど」


[訳] (おしどりは、雌雄)互いに位置をかわって、(相手の)羽の上の霜を払ってやるというのなどが(情趣深い)。


注意

名詞「形見」+格助詞「に」と混同しない。


語の歴史

平安時代には、和文脈に用いられ、訓読語では「たがひに」が用いられていた。鎌倉時代以後、「かたみに思ひ合ふこと、限りなし」(『宇治拾遺』六・九)のように使われた例はあるが、『平家物語』『徒然草』では、「かたみに」の例はなく、「たがひに」が専用されるなど、徐々にその姿を消していく。








互にのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

互にのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




互にのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS