古語:

仮令の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

け-りゃう 【仮令】

副詞

一体に。たいがい。およそ。


出典吾妻鏡 


「けりゃう五万騎に及ぶべし」


[訳] およそ五万騎に及ぶであろう。


たとえば。


出典風姿花伝 二


「けりゃう、木樵(きこり)・草刈り・炭焼き・汐汲(しほく)みなどの風情にもなるべき態(わざ)をば」


[訳] たとえば、木樵・草刈り・炭焼き・汐汲みなどといった趣のあるしぐさにもなり得るような姿態は。


〔多く、下に「…ばこそ」を伴って〕たまたま。さいわいに。


出典薩摩歌 浄瑠・近松


「けりゃう道を守ればこそ、もし気がそれていたづらしたら」


[訳] たまたま(女の)道を守っていればこそ(よかったようなものの)、もし心が離れて、不義をしたら。



たとひ 【仮令・縦ひ】

副詞

〔下に助詞「ば」を伴って〕もし…(ならば)。▽順接の仮定条件と呼応する。


出典日本書紀 雄略


「たとひ、星川、志(こころ)を得て共に国家(くにいへ)を治めば」


[訳] もし、星川が志を持って共に国家を治めたならば。


〔下に助詞「とも」などを伴って〕かりに…(ても)。たとえ…(ても)。▽逆接の仮定条件と呼応する。


出典徒然草 五三


「たとひ耳鼻こそ切れ失(う)すとも」


[訳] たとえ耳や鼻が切れてなくなるとしても。








仮令のページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

仮令のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




仮令のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS