古語:

住すの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ぢゅう-・す 【住す】

自動詞サ行変格活用

活用{せ/し/す/する/すれ/せよ}


住む。


定まる。落ち着く。▽考えや気持ちにいう。


出典平家物語 七・返牒


「源氏合力(かふりよく)の心にぢゅうすべきよし」


[訳] 源氏に味方する気持ちに定まるはずである旨(むね)。


執着する。


出典曾我物語 六


「思はずも、欲心にぢゅうす」


[訳] 意外にも欲望に執着する。


とどまる。停滞する。


出典徒然草 二四一


「望月(もちづき)のまとかなる事は、暫(しばら)くもぢゅうせず」


[訳] 満月の丸い状態は少しの間もとどまらない。









住すのページへのリンク
「住す」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

住すのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




住すのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS