古語:

俄なりの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

にはか・なり 【俄なり】

形容動詞ナリ活用

活用{なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ}


突然だ。だしぬけだ。急だ。


出典源氏物語 桐壺


「野分(のわき)たちて、にはかに肌寒き夕暮れの程」


[訳] 嵐が吹いて、急に肌寒くなった夕暮れのころ。


病気の容態が急変する。危篤(きとく)になる。▽「にはかになる」の形で用いる。


出典古事記 景行


「この時御病(みやまひ)いとにはかになりぬ」


[訳] この時(倭建命(やまとたけるのみこと)の)ご病気がたいそう急変して危篤になった。



にわかなり 【俄なり】

⇒にはかなり








俄なりのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

俄なりのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




俄なりのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS