古語:

入道の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

にふ-だう 【入道】

名詞※「す」が付いて自動詞(サ行変格活用)になる

仏道に入って修行すること。また、その人。出家。


出典源氏物語 椎本


「にふだうの御本意は、昔より深くおはせしかど」


[訳] 出家のご意志は、昔から深くていらっしゃったけれど。◇仏教語。


髪をそり僧衣を着ているが、在俗のままで仏に仕え、寺に入っていない者。


出典源氏物語 明石


「にふだうの領(らう)じ占めたる所どころ」


[訳] (明石の入道という)在俗の仏教者の領有しているあちこちの土地。


参考

は、平安時代、天皇・皇族・貴族など身分の高い人にいうことが多く、多くは法名を付けた。









入道のページへのリンク
「入道」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

入道のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




入道のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS