古語:

出で参で来の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > 出で参で来の解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

いで-まうで-・く 【出で参で来】

自動詞カ行変格活用

活用{こ/き/く/くる/くれ/こ(こよ)}


参上する。


出典源氏物語 蜻蛉


「下童(しもわらは)の、ただこのごろ、宰相(さいしやう)が里にいでまうできて」


[訳] 下仕えの子供が、つい近ごろ、宰相(さいしよう)の里に参りまして。


(事件や事態などが)発生します。起きます。


出典源氏物語 東屋


「聞きにくき事もこそいでまうでくれ」


[訳] 耳障りなこともきっと起きます。


参考

「いでまゐでく」の変化した語。「出(い)で来(く)」の謙譲語だが、多くは会話文や詞書(ことばがき)の中で、丁寧な物言いとして使われる。








出で参で来のページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

出で参で来のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




出で参で来のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS