古語:

出で居の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

いで-ゐ 【出で居】

名詞

出て座っていること。


出典枕草子 職の御曹司におはします頃、西の廂にて


「縁に人々いでゐなどしたるに」


[訳] 縁に女房たちが出て座るなどしていたところに。


平安時代、寝殿造りで、廂(ひさし)の間の内部に設けた、居間と客間を兼ねた部屋。


朝廷で「賭弓(のりゆみ)」「相撲(すまひ)」などの儀式のとき、庭に臨時に設ける座。








出で居のページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

出で居のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




出で居のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS