古語:

労りの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

いたはり 【労り】

名詞

骨折り。功績。手柄。


出典源氏物語 葵


「君たちも、いたはり望み給(たま)ふことどもありて」


[訳] ご子息たちも、功績(として昇進)を望みなさることなどがあるので。


用心深く大切に扱うこと。手間。工夫。


出典源氏物語 松風


「何のいたはりもなく建てたる寝殿の」


[訳] 特にどうという工夫もなく建てた寝殿の。


ねぎらうこと。世話をすること。


出典源氏物語 須磨


「この御いたはりにかからぬ人なく」


[訳] 源氏のお世話に頼らない人はなく。


病気。


出典平家物語 九・木曾最期


「山吹はいたはりあって、都にとどまりぬ」


[訳] 山吹は病気になって、京の都にとどまった。








労りのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

労りのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




労りのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS