古語:

及ぶの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

およ・ぶ 【及ぶ】

自動詞バ行四段活用

活用{ば/び/ぶ/ぶ/べ/べ}


届く。達する。


出典平家物語 四・橋合戦


「馬の足のおよばうほどは手綱をくれてあゆませよ」


[訳] 馬の足が川底に届くようなうちは手綱をゆるめて(馬を)歩かせよ。


なる。至る。


出典徒然草 二一五


「こころよく数献(すこん)におよびて興に入られはべりき」


[訳] 気持ちよく何杯か杯を重ねるに至って、いいご機嫌になられました。


〔多く打消の語を伴って〕同じ程度になる。匹敵する。かなう。


出典平家物語 一・祇園精舎


「伝へ承るこそ、心もことばもおよばれね」


[訳] (清盛公のおごりのありさまは)伝え聞き申し上げると想像する心も、言い表す言葉もかなうことができない(=想像を絶する)。


目標に届くようにする。のしかかるようにする。


出典枕草子 七月ばかりいみじうあつければ


「枕上(まくらがみ)なる扇、わが持(も)たるしておよびてかき寄するが」


[訳] (男が)枕元にある扇を自分が持っている扇でのしかかるようにして引き寄せるが。









及ぶのページへのリンク
「及ぶ」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

及ぶのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




及ぶのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS