古語:

及び無しの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

および-な・し 【及び無し】

形容詞ク活用

活用{(く)・から/く・かり/し/き・かる/けれ/かれ}


(力や考えが)及ばない。隔たっている。


出典源氏物語 若紫


「合はするもの召して、問はせ給(たま)へばおよびなう、思(おぼ)しもかけぬすぢの事を、合はせけり」


[訳] 夢判断をする人をお呼びになって、おたずねになると、考えも及ばなくご予想もつかない方面の事柄を判断したのであった。◇「およびなう」はウ音便。








及び無しのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

及び無しのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




及び無しのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2021 Printed in Japan

©2021 Weblio RSS