古語:

安らかなりの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > 安らかなりの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

やすら-か・なり 【安らかなり】

形容動詞ナリ活用

活用{なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ}


穏やかだ。平穏無事だ。


出典日本書紀 崇神


「国内やすらかなり」


[訳] 国の中が穏やかである。


心配がなく気楽だ。


出典更級日記 子忍びの森


「わが身一つならばやすらかならましを」


[訳] 自分一人ならば気楽であろうに。


たやすい。容易だ。


出典徒然草 五一


「やすらかにゆひて参らせたりけるが」


[訳] たやすく組み立てて差し上げたが。


落ち着きがある。


出典徒然草 一〇


「うちある調度も、昔おぼえてやすらかなるこそ、心にくしと見ゆれ」


[訳] 何気なく置いてある道具なども、古風に感じられて落ち着きがあるのは、奥ゆかしく思われる。








安らかなりのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

安らかなりのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




安らかなりのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS