古語:

宝船の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

たから-ぶね 【宝船】

名詞

宝物と七福神とを乗せた帆掛け船。また、それを描いた絵。除夜または節分の夜、江戸時代中ごろからは正月二日の夜、枕(まくら)の下に敷いて寝て、縁起のよい夢を見るまじないとした。紙に印刷したものが売られた。[季語] 春。


参考

枕の下に敷く宝船の絵には、「ながきよのとをのねぶりのみなめざめなみのりぶねのおとのよきかな」という回文歌(=上から読んでも下から読んでも同じ歌)を書き添えてある。








宝船のページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

宝船のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




宝船のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS