古語:

密かなりの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ひそ-か・なり 【密かなり・窃かなり・私かなり】

形容動詞ナリ活用

活用{なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ}


物ごとをこっそりする。


出典蓼太句集 俳諧


「五月雨(さみだれ)やある夜(よ)ひそかに松の月―蓼太」


[訳] 五月雨が降り続くこのごろだが、ある夜ふと空を見上げると、月がこっそりと松の木にかかっていたことだ。


私的なこと・ものだ。


出典平家物語 四・南都牒状


「ほしいままに国威をひそかにし」


[訳] (平清盛は)思いのままに国の権威を私的なものにして。◆「か」は接尾語。


参考

漢文訓読体の文章に用いられた語。中古の仮名文には、多く「みそかなり」が用いられた。



みそ-か・なり 【密かなり】

形容動詞ナリ活用

活用{なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ}


こっそり振る舞っている。ひそかだ。


出典大鏡 花山


「みそかに花山寺(くわざんじ)におはしまして」


[訳] ひそかに花山寺においでになって。


参考

「みそかなり(みそかに)」は中古の和文体に多く用いられ、漢文訓読体では「ひそかなり(ひそかに)」を用いた。








密かなりのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

密かなりのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




密かなりのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS