古語:

将又の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

はた-また 【将又】

副詞

それともまた。


出典方丈記 


「もしこれ、貧賤(ひんせん)の報いのみづから悩ますか、はたまた、妄心(まうしん)のいたりて狂せるか」


[訳] もしやこれは、貧賤の報いが自分を悩ませているのか、それともまた、迷いの心が極限に達して私を狂わせているのか。


参考

漢文訓読語で、二つの疑問文の間に用いて、その二つのうちの一つを追究する意を表す。中世以降の和漢混交文などによく用いられる。








将又のページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

将又のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




将又のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS