古語:

尊の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

たふと 【尊】

形容詞語幹

⇒たふとし。


出典奥の細道 日光


「あらたふと青葉若葉の日の光―芭蕉」


[訳] ⇒あらたふと…。



み-こと 【命・尊】

[一]名詞

神・天皇、または、目上の人の尊敬語。▽「…のみこと」の形で用いる。


出典古事記 神代


「八千矛(やちほこ)の神のみこと」


[訳] 八千矛の尊い神。


出典万葉集 四四三


「たらちねの(=枕詞(まくらことば))母のみこと」


[訳] 尊い母。◆「み」は接頭語。


[二]代名詞

お前。お前さん。▽対称の人称代名詞。


出典今昔物語集 一六・一八


「我とみことと争ひをせむと思ふを」


[訳] おれとお前と争いをしようと思うが。


やつ。その人。▽他称の人称代名詞。


出典今昔物語集 二五・三


「そのみことは、我に挑むべきことかは」


[訳] そのやつは、おれに挑むことができようか、いや、できるはずがない。


参考

(1)[一]は、『日本書紀』では、非常に尊い身分に「尊」、それ以外は「命」と使い分けているが、『古事記』では「命」だけである。(2)[二]は、『今昔(こんじやく)物語集』に見られる人を見くびって呼ぶ用法。









尊のページへのリンク
「尊」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

尊のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




尊のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS