古語:

山門の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

さん-もん 【山門】

名詞

寺院の門。特に、その正門。◇仏教語。


比叡山(ひえいざん)延暦寺(えんりやくじ)のこと。◇同じ天台宗で別派をなす長等山園城寺おんじようじ(=三井寺(みいでら))を「寺門(じもん)」というのに対する語。


参考

寺院は悟りを得るための場所であり、本来は、清浄を貴んで山に造られたことから、その門を「山門」と呼ぶ。寺院の「山号」も同様の理由による。のちに、寺院が平地や市街地に造られるようになってからも、山門の語も山号も残った。禅宗の寺院では「三門」というが、これは、悟りの境地に至るために通り抜けねばならない、三つの門戸(=空・無相・無願の三解脱門(げだつもん))を象徴することによる。









山門のページへのリンク
「山門」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

山門のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




山門のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS