古語:

帯ぶの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

お・ぶ 【帯ぶ】

他動詞バ行四段活用

活用{ば/び/ぶ/ぶ/べ/べ}


バ行上二段活用

活用{び/び/ぶ/ぶる/ぶれ/びよ}


身につける。帯びる。


出典万葉集 四一三〇


「針袋おび続けながら」


[訳] (あなたからもらった)針袋を身につけ続けたまま。


含みもつ。


出典枕草子 木の花は


「梨花(りくわ)一枝、春、雨をおびたり」


[訳] 梨(なし)の花の一枝が、春、雨を含みもっている。◆上代には四段活用。








帯ぶのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

帯ぶのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




帯ぶのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS