古語:

幣の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

まい 【幣・舞】

⇒まひ



まひ 【幣】

名詞

依頼や謝礼のしるしとして神にささげたり、人に贈ったりする物。「まひなひ」とも。


出典万葉集 九〇五


「まひはせむしたへの使ひ負ひて通らせ」


[訳] 礼物は贈ろう、黄泉(よみ)の国の使いよ、(わが子を)背負って行っておくれ。◆上代語。



ぬさ 【幣】

名詞

神に祈るときの捧(ささ)げ物。古くは麻・木綿(ゆう)などをそのまま用いたが、のちには織った布や紙などを用い、多く串(くし)につけた。また、旅には、紙または絹布を細かに切ったものを「幣袋(ぬさぶくろ)」に入れて携え、道中の「道祖神(だうそじん)」に奉った。



み-てぐら 【幣】

名詞

神に奉る物の総称。特に、絹・木綿・麻などの布にいうことが多い。◆「み」は接頭語。



まひ-なひ 【賂・幣】

名詞

礼として物を贈ること。また、その品物。


賄賂(わいろ)を贈ること。また、その品物。









幣のページへのリンク
「幣」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

幣のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




幣のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS