古語:

徒言の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

あだ-こと 【徒言】

名詞

上べだけの言葉。冗談。


出典宇津保物語 藤原の君


「人の御あだことなど」


[訳] 人の上べだけのお言葉などに。◆のちに「あだごと」とも。



ただ-こと 【直言・徒言】

名詞

和歌で、技巧や歌語を用いずに、ありのままに表現する普通の言葉。


出典古今集 仮名序


「これは、ただことに言ひて」


[訳] これは、普通の言葉で表現して。


文章ではなく、口頭で言う普通の言葉。


出典今昔物語集 三〇・一〇


「ただことにかく申せ」


[訳] 口頭でこのように言え。◆「ただごと」とも。








徒言のページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

徒言のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




徒言のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS