古語:

徒然草の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

徒然草

分類書名


随筆集。吉田兼好(けんこう)作。鎌倉時代後期(一三三一)成立。二巻。〔内容〕多くの例話や引用をとり入れた、序段のほか二百四十三段からなる随想集で、仏教の無常観などを背景に、教訓談・処世法・趣味論など多くの話題を展開して飽きさせない。『枕草子(まくらのそうし)』と並ぶ随筆文学の最高傑作とされている。









徒然草のページへのリンク
「徒然草」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

徒然草のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




徒然草のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS