古語:

彼方の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

おち 【彼方・遠】

⇒をち



おちかた 【彼方・遠方】

⇒をちかた



をち-かた 【彼方・遠方】

名詞

遠くの方。向こうの方。あちら。


出典大鏡 伊尹


「をちかたに所々煙の立つを御覧じて」


[訳] 遠くの方にあちらこちら煙が立ちのぼっているのをご覧になって。[反対語] この方(かた)。



をと 【彼方・遠】

名詞

「をち(彼方)」に同じ。



をち 【彼方・遠】

名詞

遠く隔たった場所。遠方。かなた。


出典古今集 離別


「白雲の八重(やへ)に重なるをちにても」


[訳] 白雲が幾重にも重なる遠方であっても。[反対語] 此方(こち)。


それより以前。昔。


出典拾遺集 雑賀


「昨日よりをちをば知らず」


[訳] 昨日よりそれ以前のことはわからないが。


それより以後。将来。


出典万葉集 三七二六


「このころは恋ひつつもあらむ玉匣(たまくしげ)(=枕詞(まくらことば))明けてをちよりすべなかるべし」


[訳] この数日は恋しながらもこうしているでしょう。夜が明けた後からは(あなたがいなくなって)どうにもしようがないでしょう。



あなた 【彼方・貴方】

代名詞

あちら。むこうの方。▽遠称の指示代名詞。空間的に見た遠くをさす。


出典伊勢物語 八二


「山崎のあなたに、水無瀬(みなせ)といふ所に宮ありけり」


[訳] 山崎のむこうの方で、水無瀬という所に御殿があった。


以前。過去。▽遠称の指示代名詞。時間をさす。


出典枕草子 成信の中将は


「昨夜(よべ)も、昨日(きのふ)の夜も、そがあなたの夜も、すべてこのごろうちしきり見ゆる人の」


[訳] 昨夜も、一昨夜も、またその以前の夜も、ずっとこのごろしきりに現れる人が。


将来。これから先。▽遠称の指示代名詞。時間をさす。


出典源氏物語 若菜上


「目の前に見えぬあなたのことはおぼつかなくこそ思ひわたりつれ」


[訳] 目に見えない将来のことは不安に思い続けてきたのだったよ。


あの方。あちらの方。▽他称の人称代名詞。対等・目上の人を、尊敬の意をこめてさす。


出典落窪物語 一


「この落窪(おちくぼ)の君のあなたにのたまふことに従はず」


[訳] この落窪の君が、あの方(=継母(ままはは)である北の方)のおっしゃることに従わないで。


あなたさま。▽対称の人称代名詞。対等・目上の人に対して尊敬の意を含んで用いる。


出典浮世風呂 滑稽


「あなたがお屋敷においで遊ばす時分は」


[訳] あなたさまがお屋敷においでなさったころは。◇近世語。


参考

の遠称の指示代名詞からの転用。から、の対称の人称代名詞が発生する。は現代語の「あなた」より敬意が高い。



か-な-た 【彼方】

代名詞

あちら。▽遠称の指示代名詞。


出典徒然草 一一


「かなたの庭に」









彼方のページへのリンク
「彼方」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

彼方のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




彼方のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS