古語:

従ふの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

したが・ふ 【従ふ・随ふ】

[一]自動詞ハ行四段活用

活用{は/ひ/ふ/ふ/へ/へ}


従う。言うことをきく。服従する。


出典古今著聞集 三四七


「汝(なんぢ)がほしく思はむものを所望(しよまう)にしたがひて与ふべし」


[訳] お前がほしいと思うものを望みに従って与えよう。


ついてゆく。供をする。


出典源氏物語 玉鬘


「したがひたりし者どもも、類にふれて逃げ去り」


[訳] 供をしてきていた者たちも、知り合いを頼って逃げてしまい。


順応する。応じる。


出典徒然草 一五五


「世にしたがはん人は、まづ機嫌を知るべし」


[訳] 世間に順応しようとする人は、まず物事のしおどきを知らなければならない。


所有する。


出典徒然草 一八


「さらに身にしたがへる貯(たくは)へもなくて」


[訳] 全く自分の所有している財産もなくて。


[二]他動詞ハ行下二段活用

活用{へ/へ/ふ/ふる/ふれ/へよ}


服従させる。従わせる。


出典落窪物語 四


「我こそ人をばしたがへしか」


[訳] 私は人を服従させていたのに。


引き連れる。後について来させる。


出典源氏物語 玉鬘


「人をしたがへ、事執り行ふ身となれるは」


[訳] 人を引き連れ、物事を取りしきる身になったのは。









従ふのページへのリンク
「従ふ」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

従ふのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




従ふのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS