古語:

風情の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ふ-ぜい 【風情】

名詞

風流な趣。情趣。風雅。


出典方丈記 


「岡(をか)の屋にゆきかふ船をながめて、満沙弥(まんしやみ)がふぜいを盗み」


[訳] 岡の屋(=船着き場)に行き来する船をながめて、沙弥満誓(しやみまんぜい)(=奈良時代の歌人)の風流な趣をまねて学び。


ようす。ありさま。気配。


出典義経記 六


「景時(かげとき)父子が命に従ふ者、風に草木の靡(なび)くふぜいなれば」


[訳] 景時父子の命令に従う者は、風に草木がなびくかのようなようすであるので。


(能楽で)趣のある所作。しぐさ。


出典風姿花伝 六


「為手(して)の言葉にもふぜいにもかからざらん所には、肝要(かんえう)の言葉をば載すべからず」


[訳] 主役の言葉にも所作にもならないような所には、大事なせりふを書き入れてはならない。









風情のページへのリンク
「風情」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

風情のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




風情のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS