古語:

御息所の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

みやす-どころ 【御息所】

名詞

天皇の御寝所に仕える女性。


皇太子・親王の妃(きさき)。


参考

「みやすんどころ」の撥音(はつおん)「ん」が表記されない形。「みやすみどころ」↓「みやすんどころ」↓「みやすどころ」と変化した語で、天皇の御休息所が本来の意。天皇の夫人たちで「女御(にようご)」「更衣(かうい)」のクラスの官女をさし、しかも、皇子・皇女を産んだ女御・更衣に対する尊称であることが多い。のち、しだいに、更衣に限って用いるようになる。



みやすん-どころ 【御息所】

名詞

「みやすどころ」に同じ。◆「みやすみどころ」の撥(はつ)音便。









御息所のページへのリンク
「御息所」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

御息所のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




御息所のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS