古語:

心置くの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

こころ-お・く 【心置く】

自動詞カ行四段活用

活用{か/き/く/く/け/け}


心を残す。気にかける。


出典源氏物語 澪標


「故御息所(みやすんどころ)のいとうしろめたげにこころおき給(たま)ひしを」


[訳] 亡き(六条)御息所が、ひどく不安そうに、気にかけなさったことを。


気を遣う。気兼ねする。


出典徒然草 三七


「ともある時、我にこころおき」


[訳] ちょっとした時、私に気兼ねをし。


気をつける。用心する。


出典源氏物語 若菜下


「さぶらふ人にこころおき給(たま)ふ事もなくて」


[訳] (高貴な人は、自分に)仕える人に気をつけなさることもなくて。








心置くのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

心置くのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




心置くのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS