古語:

心を遣るの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

こころ-を-や・る 【心を遣る】

分類連語


気晴らしをする。心を慰める。


出典万葉集 三四六


「夜光る玉といふとも酒飲みてこころをやるにあにしかめやも」


[訳] 夜光る玉であろうと、酒を飲んで心を慰めるのにどうしてまさろうか、いや、まさりはしない。


得意がる。自慢する。


出典源氏物語 帚木


「わが心得たる事ばかりを、おのがじしこころをやりて」


[訳] 自分の得意なことだけを、各自が自慢して。◆「心遣る」とも。








心を遣るのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

心を遣るのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




心を遣るのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS