古語:

心中の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

しん-ぢゅう 【心中】

名詞

心の中。また、心の中で考えていること。


出典平家物語 一〇・請文


「しんぢゅうに愁ひあれば体外に喜びなし」


[訳] 心の中に悲しみがあると体の外に喜びが出ることはない。


義理を立てること。真心。誠意。


愛し合った男女が、自分の愛情が変わらないことを示すこと。起請文(きしようもん)を書いたり、髪や指を切ったり、爪(つめ)を抜いたりして相手に渡す。心中立て。


情死。


参考

は近松門左衛門(もんざえもん)の「心中物(もの)」の題材となり、世の中の流行を誘ったので、幕府は「心中」の用語を禁じ、「相対死(あひたいじに)」の語を用いさせた。









心中のページへのリンク
「心中」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

心中のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




心中のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS