古語:

述懐の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

しゅっ-くゎい 【述懐】

名詞※「す」が付いて自動詞(サ行変格活用)になる

心中の思いを述べること。


出典平家物語 四・鵼


「しゅっくゎいの和歌一首詠うでこそ、昇殿をば許されけれ」


[訳] 心中の思いを述べた内容の和歌を一首詠んで、昇殿を許された。


不平不満を述べること。恨み言やぐち。


出典平家物語 一一・腰越


「事新しき申し状、しゅっくゎいに似たりといへども」


[訳] 改めて申し上げた願いは、恨み言やぐちに似ているといっても。◆のちに「じゅっくゎい」とも。









述懐のページへのリンク
「述懐」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

述懐のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




述懐のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS