古語:

迫むの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

せ・む 【迫む・逼む・攻む】

[一]自動詞マ行下二段活用

活用{め/め/む/むる/むれ/めよ}


近づき迫(せま)る。差し迫る。おしつまる。


出典宇治拾遺 三・六


「家の隣より火いできて、風押し覆ひてせめければ」


[訳] 家の隣(の家)から出火して、風が(その火を)おおいかぶせて差し迫ってきたので。


[二]他動詞マ行下二段活用

活用{め/め/む/むる/むれ/めよ}


追いつめる。押し寄せて戦う。攻撃する。


出典徒然草 五九


「無常の来たることは、水火のせむるよりも速やかに、のがれがたきものを」


[訳] 死の到来することは、水や火が押し寄せてくるのよりも速くて、逃げられないものなのに。


ぴったりと身につける。


出典平家物語 二・教訓状


「黒糸縅(くろいとをどし)の腹巻の、白金物(しろがなもの)打ったる胸板せめて」


[訳] 黒糸で縅した腹巻で、銀の金具を打ってある胸板をぴったりと身につけて。








迫むのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

迫むのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




迫むのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS