古語:

心付くの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

こころ-づ・く 【心付く】

[一]自動詞カ行四段活用

活用{か/き/く/く/け/け}


気がつく。


出典堤中納言 虫めづる姫君


「ある人々はこころづきたるもあるべし」


[訳] その場にいる人々は気がついている人もいるだろう。


分別がつく。わかる。


出典風姿花伝 一


「やうやう、声も調子にかかり、能もこころづくころなれば」


[訳] しだいに歌う声も音階に合うようになり、能もわかってくるころだから。


[二]他動詞カ行下二段活用

活用{け/け/く/くる/くれ/けよ}


思いをかける。心を寄せる。


出典源氏物語 明石


「年ごろこころづけてあらむを」


[訳] 数年来思いをかけていた女を。


気づかせる。注意させる。


出典徒然草 一八四


「若き人に見習はせてこころづけんためなり」


[訳] 若い人に見て覚えさせて気づかせようというためなのだ。









心付くのページへのリンク
「心付く」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

心付くのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




心付くのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS