古語:

懸からはしの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > 懸からはしの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

かからは・し 【懸からはし】

形容詞シク活用

活用{(しく)・しから/しく・しかり/し/しき・しかる/しけれ/しかれ}


ひっかかって離れにくい。とらわれがちだ。


出典万葉集 八〇〇


「もち鳥のかからはしもよ行方知らねば」


[訳] 鳥もちに引っかかった鳥のように(肉親は互いに)離れにくいのだ。行く末もわからないのだから。








懸からはしのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

懸からはしのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




懸からはしのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS