古語:

懸け懸けしの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > 懸け懸けしの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

かけかけ-・し 【懸け懸けし】

形容詞シク活用

活用{(しく)・しから/しく・しかり/し/しき・しかる/しけれ/しかれ}


(多く男女のことに関して)いつも心に掛けている。気がある。好色めいている。


出典源氏物語 藤袴


「見苦しうかけかけしきありさまにて心を悩まし」


[訳] みっともなく好色めいている境遇で心を悩ませ。








懸け懸けしのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

懸け懸けしのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




懸け懸けしのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS