古語:

所詮の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

しょ-せん 【所詮】

[一]名詞

結果として落ち着くところ。究極。


出典沙石集 四


「聖教(しやうげう)は、文を読むを本意(ほい)とせず、咎(とが)を除くをしょせんとす」


[訳] 仏の教えは、文を読むことを本来の目的とせず、あやまちを取り除くことを究極の目的とする。


[二]副詞

つまるところ。結局。要するに。


出典保元物語 上


「しょせん、宣旨によって御上洛(ごしやうらく)候ふか、院宣に従って参らせ給(たま)ひ候ふか、承らん」


[訳] つまるところ、天皇の命でご上洛なさるか、院の命に従っておいでになるか、うかがおう。









所詮のページへのリンク
「所詮」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

所詮のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




所詮のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS