古語:

打ち合ふの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

うち-あ・ふ 【打ち合ふ】

[一]自動詞ハ行四段活用

活用{は/ひ/ふ/ふ/へ/へ}


うまく釣り合う。


出典源氏物語 帚木


「もとの品、時世のおぼえうちあひ」


[訳] 本来の家柄と、世間の評判とがうまく釣り合い。◇「うち」は接頭語。


対抗する。闘う。


出典鉢木 謡曲


「思ふ敵(かたき)と寄り合ひうちあひて」


[訳] これはという敵に近寄り闘って。


[二]他動詞ハ行四段活用

活用{は/ひ/ふ/ふ/へ/へ}


(双六(すごろく)などを)互いに打つ。


出典今昔物語集 一六・三七


「同じやうなりける侍(さぶらひ)と双六(すぐろく)をうちあひけり」


[訳] 同じようであった侍と双六を互いに打った。








打ち合ふのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

打ち合ふのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




打ち合ふのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS