古語:

打ち誦んずの意味

ゲストさん 辞書総合TOP
古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > 打ち誦んずの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

うち-ずん・ず 【打ち誦んず】

他動詞サ行変格活用

活用{ぜ/じ/ず/ずる/ずれ/ぜよ}


(経文などを)声を出して読む。(漢詩や和歌などを)口ずさむ。「うちずす」とも。


出典堤中納言 虫めづる姫君


「『蝸牛(かたつぶり)の角(つの)の、あらそふやなぞ』と言ふことをうちずんじたまふ」


[訳] (姫君は)「かたつむりが角を突き合わせて争っているよ、どうしたのか」という句を、口ずさんでいらっしゃる。◆「うち」は接頭語。








打ち誦んずのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

打ち誦んずのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




打ち誦んずのページの著作権
古語辞典 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2024 Printed in Japan

©2024 GRAS Group, Inc.RSS