古語:

押し当つの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

おし-あ・つ 【押し当つ】

他動詞タ行下二段活用

活用{て/て/つ/つる/つれ/てよ}


押し当てる。


出典平家物語 九・知章最期


「袖(そで)を顔におしあてて、さめざめと泣き給(たま)へば」


[訳] 袖を顔に押し当ててさめざめとお泣きになると。


ねらいを定める。


出典保元物語 中


「伊藤(いとう)六がまんなかにおしあてて放ちたり」


[訳] (為朝(ためとも)は)伊藤六の真ん中にねらいを定めて矢を放った。








押し当つのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

押し当つのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




押し当つのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2021 Printed in Japan

©2021 Weblio RSS