古語:

指南の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

し-なん 【指南】

[一]名詞※「す」が付いて他動詞(サ行変格活用)になる

教え導くこと。指導。教示。また、その人や物。師範。


出典日本永代蔵 浮世・西鶴


「諷(うたひ)・鼓のしなんして、やうやう身一つ暮らし」


[訳] 謡・鼓の師範をして、やっと自分一人を養って暮らし。


[二]名詞

基準。標準。


出典徒然草 二二〇


「寒暑に随(したが)ひて上がり・下がりあるべき故(ゆゑ)に、二月涅槃会(ねはんゑ)より聖霊会(しやうりやうゑ)までの中間(ちゆうげん)をしなんとす」


[訳] (楽の鐘の音は)寒さや暑さによって、高くなることや低くなることがあるはずだから、二月の涅槃会から聖霊会までの間の音を基準とする。








指南のページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

指南のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




指南のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS